2021年10月、
「人生100年をもっと豊かに」を
ミッションに
廣済堂は、
広済堂ホールディングスヘ。

KOSAiDO HOLDINGS

MESSAGE

人生100年をもっと豊かに。
黒澤 洋史

代表取締役社長
黒澤 洋史

2021年10月、廣済堂は広済堂ホールディングスとして新たなスタートを切ります。当社グループの創業の精神は「廣済(広く社会に貢献する)」です。この創業の精神はそのままに、人生100年時代を迎えた今、人々の人生100年をもっと豊かにするサービスを創造し続けることが、私たちのミッションであると考えています。そこで、私たちは「i DO(自ら挑戦する)」という決意を、新たなシンボルマーク・ロゴタイプに込めました。今後、広済堂グループの事業領域は、現在の情報ソリューション、人材サービス、葬祭・エンディングの3つにとどまらないかもしれません。人々の人生100年を豊かにするサービスなら、“それも私がやる!”と、社員一人ひとりが自ら行動を起こす企業となり、それがグループ全体の大きな力となって、新たな質の高いサービスを世に送り出し続ける。そんな“i DO”のスパイラルを巻き起こす、新たな広済堂グループにどうぞご期待下さい。

変わるKOSAiDO

2021年10月、KOSAiDOは人生100年の様々な場面で、社会や地域の人々を豊かにする使命を掲げ、
グループの力をより生かせる新体制へ。すべてはより良い環境、豊かな生活、
そして希望に満ちた社会の実現のために。変わるKOSAiDOに期待してください。

01 持株会社体制へ移行します。 01 持株会社体制へ移行します。

廣済堂は、2021年10月に会社分割による持株会社体制へ移行。新たに広済堂ホールディングスとして情報ソリューション事業を100%子会社の株式会社広済堂ネクストに、人材サービス事業は同じく100%子会社の株式会社広済堂HRソリューションズにそれぞれ継承。
“人生100年を様々な場面でサポートする広済堂グループ” としてスタートします。

現在
現在の体制
2021年10月、持株会社体制へ移行
2021年10月、持株会社体制へ移行後の体制

広済堂グループ

■持株会社
  • ・株式会社広済堂ホールディングス
■事業会社
[情報ソリューション事業]
  • ・株式会社広済堂ネクスト
  • ・威海廣済堂京友包装有限公司
  • ・x-climb株式会社
[人材サービス事業]
  • ・株式会社広済堂HRソリューションズ
  • ・株式会社広済堂ビジネスサポート
  • ・株式会社キャリアステーション
  • ・株式会社共同システムサービス
  • ・株式会社エヌティ
  • ・株式会社Neo
  • ・株式会社ファインズ
  • ・KOSAIDO HR VIETNAM CO., LTD
[エンディング関連事業]
  • ・東京博善株式会社
  • ・株式会社広済堂ライフウェル

02 個別事業を専鋭化し、競争力を強化します。 02 個別事業を専鋭化し、競争力を強化します。

各グループ会社においては、それぞれに最適な事業戦略の策定、マーケットにフィットした事業運営体制の構築、各種制度(人事制度等)の最適化等により個別事業を専鋭化し、競争力強化を図ります。また、M&Aやグループとしてさらなる成長・発展を遂げるためにグループの力を結集し、新たな事業創出にも果敢にチャレンジします。

03 「i DO」をコンセプトに新たな価値創造に挑戦します。 03 「i DO」をコンセプトに新たな価値創造に挑戦します。

株式会社廣済堂ロゴマーク

社名(KOSAiDO)から抽出した「i DO」を、新VI(新たなシンボルマーク・ロゴタイプ)のコンセプトに設定。シンボルマークの「i DO」は、創業以来、受け継がれる「進取の精神」の象徴です。広済堂グループ(i)は、常識に捉われない新たな事業創出に挑戦し、お客さまの期待を超える未来を創造(DO)します。

株式会社廣済堂ロゴマーク