新入社員座談会

廣済堂ってどんな会社?
入社して3ヶ月の新入社員を代表して3名に、
それぞれのエピソードを語ってもらいました。

就職活動について

─みなさんはどのように就職活動をしましたか?

T.K主に就職サイト(マイナビ、リクナビ)を活用しました。体育大学の学生だったので、体育学生専門の就職支援を活用したり、大学の就職課に相談をしたりして就職活動を進めていました。部活をやっていたこともあり、就職活動は短期集中で取り組みました。

M.K私は、どのような職につきたいか明確に定まっていなかったので、自分が好きなことは何かを考えて、職種は絞らず、興味のある会社説明会にたくさん参加していました。

S.K私は来日して留学中に日本での就職を決めたのですが、うまくいかず失敗の連続でした。改めて、日本で何を一番やりたいのか、日本で就職したい理由をしっかり考え直しつつ、志望企業を絞った結果、廣済堂の内定を頂くことができました。

入社の決め手は、社員とのコミュニケーション

─それぞれ様々に活動していたんですね。様々な企業を知った上で、皆さんが「廣済堂に決めた!」理由って?

T.K一番の決め手は、内定後にお祭りイベントに参加した時です。社員のみなさんが優しく温かく迎え入れてくださって、ぜひこの方たちと働きたい、と思いました。

M.K「出会った人が理由」というのは私も同じです!就活中対応して頂いた人事の方が親身にお話しをして下さったことが理由のひとつです。また、出版・商業印刷、IT、人材など多様な事業を行っているので、他の部署と連携して様々なプロジェクトに携わることができたら面白そうと考えました。

T.K僕も新しいことに触れたり挑戦したりすることが好きなので、様々な分野の案件に関わることができるのはとても魅力的だと思いました。

S.K私は、社名に自分の名前が使われていて、ご縁を感じました (笑)
海外で活躍するチャンスもあること、人材営業の仕事に人と企業の未来をつなげる架け橋の役割を果たすというやりがいを感じたことが理由です。

新人研修について

─入社後の新人研修は、いかがでしたか?

T.Kただ座学という形で一方的に学ぶのではなく、グループワーク形式で常にコミュニケーションをとったり意見交換をしたりしながら、主体的にビジネスマナーや財務管理、プレゼンテーションについての研修を受けました。社会人として心掛けるべきことや基礎知識を学ぶことができたとても有意義な研修でした。

M.K研修の最後に行った、自分たちで考えた企画のプレゼンをするグループワークが一番印象に残っています。企画の仕方だけでなく、それまでに学んだマナーなどの振り返りにもなり、しっかりと理解することができました。
また、研修は地方勤務の同期も一緒に受けるので、同期との絆を深めるよい機会になりました。

S.K最初は言語のハンディキャップを意識しすぎた結果、落ち込むことが多かったです。その後、自分は外国人だと考えず、自分のアイディアや、考えをしっかり出すことに専念し、異文化交流の面白さが味わえるようになってきました。

それぞれの仕事のやりがいと、厳しさ

─各部署に配属されて、今はどんな仕事をしていますか?その仕事のやりがい、楽しいことを教えてください。

S.K求人顧客の新規開拓です。電話でのアプローチにより、アポイントを取得することが目標です。その仕事のやりがいは、企業側の採用課題を解決することにより、求職者と企業側をつなげる架け橋の役割を担うことができることです。

─早速営業活動をしているんですね。新規開拓は大変だったり、つらいこともありませんか?

S.K何百件と電話をしても、中々アポが取得できない時は、厳しさを感じます...。でも、先日2件連続でアポを頂いて。そういう時はとてもうれしいです!

T.KM.Kおお~。(拍手)

T.K僕は印刷営業ということで、外回りが多いです。先輩の得意先へ一緒に訪問して、ポスターやチラシ、ハンドブックを作ったり、コンビニや家電量販店における販促什器について、企画から考え企業に提案したりといった仕事をしています。今は先輩について行き、一緒に打ち合わせに参加しながら基礎を学んでいます。社内では見積や作業指示書などの事務作業を勉強中です。

M.K私は、IT開発に必要な技術や知識を学びながら、主に先輩方のサポートを行っています。自分が作ろうとしていた物がしっかりとした形となって動いたときにやりがいや楽しさを感じます。まだまだ知識不足で、思うように作業が進まない時に歯がゆさを感じることもありますが・・・日々勉強です!

同期とは、切磋琢磨するライバルであり、高め合いたい仲間

─周りの環境はいかがですか?先輩や同期とはどうですか?

S.K新人として不慣れな部分は沢山ありますが、先輩の皆さんは丁寧に教えてくださり、非常に感謝しております。同期とは、切磋琢磨するライバルであり、苦楽を共にしてきたかけがえのない存在だと思っています。

T.K同期の仲はとてもいいですよね。個性的なキャラが集まっていて愉快です。僕の周りも、年齢関係なく気さくに話しかけてくださる先輩方が多いです。仕事についても一から丁寧に説明してくださって...とても居心地の良い職場環境ですね。

M.K同期の皆とは配属後は会える機会が少なくなったけど、定期的に話をする場を作ったりして、仕事内容は違っても互いに高め合っていきたいですね。
私が配属された部署の新入社員は私一人だったため、はじめは不安でした。でも、とても優しい先輩ばかりで、よく声をかけてくれるので、今では楽しく働いています。

人と人との距離が近いという印象

─みなさん入社して3か月ということですが、入社する前の印象の違いや、入社してみて驚いたことはありましたか?

T.K仕事内容については特に大きなギャップはないですね。営業職は思っていたよりも外に出て歩くことが多く、体力は必要だと思います。

S.K入社前は創業60年以上の上場企業なので、先輩、上司との距離が遠いのかなと想像していました。でも実際には相談をしあったり、人と人の距離が近いと感じています。

それぞれの目標に向かって

─最後に、これからの皆さんの夢・目標を聞かせてください。

T.K当面の目標は少しでも早くビジネスマンとして廣済堂の戦力になることです。お給料を頂いている以上それに見合う成果を出さなければいけないと思います。
プライベートについては、いろいろありますが、マイカーを買うことが1番の目標です。

M.K夢というよりは目標になってしまいますが、デザインに関しても学ぶ機会を作って頂いているので、ユーザにとってわかりやすい、操作しやすいWebサイトやアプリを、自分でデザインから行って制作できるようになりたいです。

S.K言語力を活用し、国と国をつなげる架け橋の役割を果たしたいと考えています。

─ありがとうございました。廣済堂の未来を創っていくみなさんの成長を、楽しみにしています!





ページトップへ戻る

2017年3月卒業予定の方はマイナビ2017からエントリーを受付しています。

マイナビ2017


採用に関するお問い合わせ
採用窓口
〒108-8378 東京都港区芝4-6-12
Tel:03-3453-2360  E-mailjinji-11@kosaido.co.jp