プレスリリース(2011)

電子書籍事業の新サービスを国際電子出版EXPOで発表

株式会社廣済堂(本社:東京都港区、社長:長代厚生、以下 廣済堂)は、電子書籍事業に関するユーザー向け、出版社向けの各種新サービスを7月以降、順次開始いたします。

スマートフォンの普及に伴い、電子書籍ビジネスは、出版・印刷業界ばかりでなく他業種からも注目を集めています。当社は早くからこの分野に取り組み、これまでの経験と実績を踏まえ、ユーザビリティを重視した新サービスを企画・開発いたしました。
サービス提供に先立ち、7月7日(木)から東京ビッグサイトで開催される「第15回国際電子出版EXPO」の当社ブースにて新サービスの展示を行いますので、併せてお知らせします。

<ユーザー向けサービス>

1.「おでかけBookGate」 7月7日サービス開始

おでかけBookGate

「おでかけBookGate」は、タウン誌や地図・ガイド本に特化したiPhone用の電子書店アプリです。アプリの特長は下記の通りです。

  • ①誌面をレイアウトのまま読むことはもちろん、掲載データがデータベース化されているので、雑誌や書籍に掲載されている店舗や観光地などをさまざまな方法で検索できます。また、お店へ電話をかけたり、地図を使って行き方を検索することもできます。
  • ②購入済みの複数の雑誌や書籍タイトルすべての中から、自分だけのお気に入り情報として登録することができます。

「おでかけBookGate」は、廣済堂が株式会社京阪神エルマガジン社、スターツ出版株式会社、株式会社マガジンハウス、株式会社JTBパブリッシングと共同で開発を行い、データベースのインターフェース統一など、ユーザーの利便性の向上を図っています。7月7日のサービス開始時には、上記のうちの3社、9タイトルからスタートしますが、順次ラインナップを増やしていきます。

今後も、旅に散歩に食事に遊びに便利に役立つ「おでかけBookGate」を目指し、タイトルの充実を図るため、新たな参加出版社を募っていきます。

2.「BookGate JAPAN」 7月7日サービス開始

BookGate JAPAN

「BookGate JAPAN」は、電子書店アプリ「BookGate」の機能をそのままに、インターフェースを全て英語化し、日本の書籍や雑誌で英語化されたタイトルだけを集めて販売する外国人ユーザー向けiPhone/iPad用電子書店アプリです。

外国人向けの出版を電子書籍で行うプラットフォームが用意されるということは、出版社にとって所有するコンテンツを再利用し、販路の拡大ができる機会が生まれることになります。7月7日のサービス開始時には、株式会社アートイット、株式会社アマナイメージズ、株式会社紫紅社、財団法人仏教伝道協会の4社、10タイトルからスタートします。

また、サービス開始にあたって、外国人からも興味の高い日本の伝統芸能である「能」の「能面」の写真集をオリジナルで制作し、日本文化を海外へ積極的に発信していくとともに、ビジネス書やガイド本などのラインナップも拡充していく予定です。

3.「BookGate for GREE」 (今秋サービス開始予定)

「BookGate for GREE」は、利用者が急速に拡大しているAndroidユーザー向けのサービスとして、今年の秋以降のサービス開始を予定しています。これまでiPhone/iPad向けに行っていた「BookGate」のサービスをAndroidに対応し、SNS機能を活かした「ひとことコメント」サービスが追加され、本の感想や情報をユーザー同士がシェアできることで、読書の楽しみ方が拡がります。
※本アプリをご利用されるにあたっては、GREEのユーザー登録が必要となります。

<出版社向けサービス>

1.「BookGate」のOEM提供 (今秋サービス開始予定)

iPhone/iPad用電子書店アプリ「BookGate」をOEMで出版社にご提供します。ご提供するサービスは、下記の通りです。
①書店アプリ(書店機能・ビューアー機能・本棚機能・アクセス解析機能を実装)
②管理用サーバーのASPサービス
③運用環境システムパッケージ
自社ブランドの電子書店をオープンされたい出版社はこのサービスを利用すると、手軽で安価に実施することができます。

2.「DPサポート」のトライアルサービス

「DPサポート」は電子書籍の販売開始から売上管理、印税の支払いまでの一連の煩雑な業務を総合的に支援する廣済堂のクラウドサービスで、本年4月よりサービスを開始しています。今回、導入をご検討いただける出版社に、期間を限定して実際にサービスをトライアルいただけるキャンペーンを実施します。

<第15回国際電子出版EXPOに出展>

7月7日(木)から、東京ビッグサイトで開催される「第15回国際電子出版EXPO」へ出展いたします。今回の廣済堂ブースでは、上記のサービス以外にも、電子書籍用画像の圧縮技術や各種電子書籍フォーマットに対応するハイブリッド・プリンティングへの取り組みやワンソース・マルチウィンドウに対応した電子書籍などの参考出展も行い、廣済堂の新たな取り組みをご紹介します。
また、特別イベントとして、ベストセラー作家、竹田恒泰氏、美崎栄一郎氏、齊藤正明氏、辻秀一氏、岩崎夏海氏らを迎えた無料のトークショーを7月8日、9日の両日に行います。会場では、抽選で著者のサイン本をプレゼントいたします。
併せて会場では、「BookGate」にオリジナルタイトル「詞解文書」を提供いただいた石井竜也氏、また、「BookGate」上で7月7日にデビューする歌手の鈴木みかりさんによるビデオメッセージもブースにて放映する予定です。

第15回国際電子出版EXPO 概要

○会期:2011年7月7日(木)~7月9日(土) 10:00~18:00
○会場:東京ビッグサイト 西展示場 ブースNo.10-31
○トークショーの予定
<7月8日(金)>

・11時
竹田恒泰氏「世界が支持する日本のキラーコンテンツ」
竹田恒泰(たけだ・つねやす) 作家、慶應義塾大学講師。
・14時
齊藤正明氏×美崎栄一郎氏「猛省キリギリス、iPadバカに弟子入り」
齊藤正明(さいとう・まさあき) マグロ船流 人材活性プロデューサー。
美崎栄一郎(みさき・えいいちろう) 著述家、花王社員。
・16時
稲田豊史氏×上田真美氏「もし中小出版社が電子書籍事業に参入したら」
稲田豊史(いなだ・とよし) 株式会社 キネマ旬報社 出版部 部長
上田真美(うえだ・まみ) 株式会社 キネマ旬報社 デジタルメディア事業部 部長
・17時
辻秀一氏「スポーツドクター辻の30分でわかるメントレのツボ」
辻秀一(つじ・しゅういち) スポーツドクター、エミネクロス代表。


<7月9日(土)>

・14時
岩崎夏海氏「電子書籍について思うこと、これからやりたいこと」
岩崎夏海(いわさき・なつみ) 作家。
・15時30分
木村嘉男氏「時刻表復刻版の楽しみ方」
木村嘉男(きむら・よしお)JTBパブリッシング 時刻表元編集長

※「iPhone」「iPad」は、Apple Inc.の商標または登録商標です。
※「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

本件に対するお問い合わせ

株式会社廣済堂
経営企画本部
広報IRユニット

〒108-8378 東京都港区芝4-6-12
Tel: 03-3453-0557
E-mail:info@kosaido.co.jp
http://www.kosaido.co.jp

情報コミュニケーション事業本部
ネットワークサービスユニット
〒105-0014 東京都港区芝3-4-12
Tel:03-5484-8034