最新の取り組み

セグメント別概況

情報セグメント
情報セグメント

印刷事業

印刷事業につきましては、商業印刷事業、知財情報事業及び新規事業のフレキソ印刷部門が売上を伸ばしたものの、出版印刷事業の売上は厳しい状況で推移しました。その結果、印刷関連事業の売上は前期を下回りました。

フレキソ印刷機

人材事業

人材事業につきましては、政府の働き方改革の影響もあり人材派遣事業で売上を伸ばしましたが、求人広告事業の売上減少により売上は前期を下回りました。その結果、人材関連事業の売上は前期を下回りました。

LEDエスコ事業

LEDエスコ事業につきましては、契約期間満了により終了した大口顧客案件の不足分を補うことができず、売上は前期を下回りました。

LED導入事例

出版事業

出版事業につきましては、縮小傾向にある出版市場の影響を受け、一般図書部門の売上は前期を下回りました。また、教育図書部門では一部教材は好調なものの競争力強化のための値下げにより、売上は前期を下回りました。

以上の結果、情報セグメント全体の売上高は26,662百万円(前期比3.5%減)となりました。

葬祭セグメント
葬祭セグメント

業績概況

四ツ木斎場の全面リニューアルが完了し、平成28年12月1日に1年10ヶ月ぶりに営業を再開したことに加えて、四ツ木斎場休業中に他の5斎場で積極的な受け入れを行なったことで売上の減少が最小限に抑えられたため、売上高は前期を上回りました。

全面リニューアルが完了した四ツ木斎場

以上の結果、葬祭セグメントの売上高は8,221百万円(前期比5.3%増)となりました。

その他セグメント
その他セグメント

業績概況

トムソンナショナルカントリー倶楽部は事業運営を委託しております。当期の売上高は前期を下回り、8百万円(前期比14%減)となりました。