トップメッセージ

代表取締役社長 浅野 健
代表取締役社長
浅野 健

株主の皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は廣済堂グループへの格別のご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
第53期(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の廣済堂グループの決算が終了しましたので、ここにご報告申し上げます。
当期におけるわが国経済は、中国経済の減速や円高の進行もあり、景気の足踏み状態が続きましたが、米国大統領選挙後は円安基調への転換もあり、一部に持ち直しの動きが見られました。
当社の基幹事業が属する印刷業界では、電子化による紙媒体の需要低下や競争激化に伴う受注価格の下落が続くなど厳しい経営環境が続きました。
このような状況のもと当社は印刷事業において独自の印刷商材による得意先の開拓と深耕を図るなど積極的な営業活動を展開するとともに、事業活動全般にわたる効率化及び合理化を推進し、業績の向上に努めてまいりました。
その結果、葬祭セグメントでは増収となりましたが、印刷事業及び人材事業を含む情報セグメント及びその他セグメントは減収となり、当社グループ全体では減収となりました。営業利益及び経常利益につきましては、事業活動における効率化及び合理化の推進により増益となりましたが、特別損失の発生により親会社株主に帰属する当期純損失の計上となりました。
以上の結果、当期における連結売上高は34,892百万円(前期比1.6%減)、連結営業利益は2,561百万円(前期比15.7%増)、連結経常利益は2,066百万円(前期比9.7%増)、親会社株主に帰属する当期純損失は471百万円(前期は親会社株主に帰属する当期純利益309百万円)となりました。
また、株主の皆さまへの配当につきましては、当期純損失の計上により、誠に遺憾ではございますが、当期の配当を見送らせていただきました。
株主の皆さまには多大なるご迷惑とご心配をおかけしており、深くお詫び申しあげます。
今後は、第3次中期経営計画「KOSAIDO Re-Innovation」の着実な実行による業績の回復により、早期の復配を目指してまいります。
株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

平成29年6月
代表取締役社長 浅野 健