「くるみんマーク」を取得

くるみんマーク

2009年12月、当社は、次世代育成支援対策に取り組んでいる企業として、厚生労働省より認定を受け、「次世代育成支援認定マーク(愛称:くるみん)」を取得しました。 当社では、すべての従業員にとって働きやすい職場環境づくりに努めていますが、「次世代育成支援対策推進法(注)」に基づいて、従業員に対する仕事と家庭の両立支援のための取り組みを計画・実行いたしました。 その結果、育児に関する制度の拡充や男性の育児休業取得の促進及び女性の育児休業取得率アップ、社内報などでの周知活動などが評価され、認定マークの取得に至りました。

今後も、両立支援に加え、一人ひとりがいきいきと働くことができる環境づくりを推進してまいります。

働きやすい職場環境づくりへの取り組み

育児休業制度の整備

  • 始業・終業時刻の繰上げまたは、繰下げをすることができる。
    小学校就学始期前の子まで可能
  • フレックスタイム制度の導入
  • 短時間勤務制度の充実
    小学校就学始期前の子まで延長 1日2時間まで短縮可能
  • 所定時間外労働の免除
    小学校就学始期前の子まで延長
  • 法定時間外労働の制限
    1ヶ月について24時間、1年について150時間以内まで制限可能

労働環境の整備

  • ノー残業デーの推進
  • 年次有給休暇取得促進のための措置半日有給休暇、記念日休暇、リフレッシュ休暇
    (永年勤続者などによる取得促進)
  • 看護休暇の充実
    小学校就学始期前の子まで 特別有給休暇として半日単位で取得可能
    対象家族1人につき年5日まで(2人以上の場合は年10日まで)
  • 社員の子供の職場体験及び、職場見学の実施

インターンシップ等の就業体験会の実施

育児休業取得者(2016年12月末現在)

  • 男性育児休業取得者・・・ 3名
  • 女性育児休業取得者・・・25名

注)「次世代育成支援対策推進法」:次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ育成される環境をつくるために制定された法律で、2005年4月1日から、301人以上の労働者を雇用する事業主は、次世代育成支援対策のための「一般事業主行動計画」を策定し、その旨を都道府県労働局に届け出ることが義務付けられています。