環境配慮品の活用

日本WPA(日本水なし印刷協会)への入会

バタフライロゴマーク

印刷では紙面品質の向上はもちろん、印刷作業性といった機能性が強く求められます。しかし、その性能と引き換えに印刷使用後の廃液処理には、水質汚濁防止法や下水道法などの法令遵守が厳しく義務付けられています。当社では、最も使用頻度の高いオフセットインキについて、これら溶剤成分を環境対応型インキ、エコマーク認定インキや大豆油を一定量以上使用したインキ(ソイシール認定インキ)にいち早く変更しました。また、2007年4月には、日本WPA(日本水なし印刷協会)に入会したことにより、オフセット印刷物に「バタフライロゴマーク」の表示が可能となるなど、環境への負荷低減を推進しています。

会員登録 株式会社廣済堂

入会日
2007年4月11日
認識番号(PIN)
K20

水なし印刷とは

有害な廃液が一切出ない現像・印刷方法です。水なし印刷方式は、現像工程で現像液を使用しないだけでなく、印刷工程でも薬液を含む水の使用も必要ありません。