株式会社廣済堂

会社概要

1949年に産声を上げた廣済堂。
印刷業からスタートしました。

企業理念

廣済堂の社名となっている「廣済」には
「広く社会に貢献する」という意味があります。
この「廣済」の精神がすべての事業の根底にあります。
私たちが創業の時から大切にしてきたものに
「進取の精神」があります。失敗を恐れず、
印刷技術のイノベーションを繰り返し、
文字文化の発展を担ってきました。
企業理念へ

企業理念

1949年に印刷会社として創業した当社は、技術革新を繰り返しながら成長を遂げ、
70年代には日本初のコンピューター組版システムを導入。
印刷業で得た高い技術力やノウハウをもとに、さらに出版や求人の分野へと事業を拡大していきました。

沿革・歴史へ
  • 1949 創業
  • 1957 有限会社桜井廣済堂大阪支店発足
  • 1970 日本初のコンピューター文字組版会社設立
  • 1974 創業25周年を機に、新規事業を展開
  • 1994 マルチメディア事業分野へ進出
  • 1980,1990 多角化経営へ
  • 2000 東京・大阪証券取引市場第一部に株式を上場
  • 2006 中国でパッケージ印刷事業を開始
  • 2009 創業60周年
  • 2011 パラダイムシフトスタート
  • 2013 ベトナムで人材事業開始
  • 2015 インドネシアで人材事業開始

フィールドを超えた挑戦

2009年に第2の創業ともいえる60周年を迎えた当社は、
2011年、中期経営計画 「KOSAIDO PARADIGM SHIFT」を策定し、
従来の事業の枠組みにとらわれない大胆な経営改革を推進。
時代のニーズを読み、新たなビジネスに果敢にチャレンジしています。

2014年。
第2次中期経営計画
「KOSAIDO PARADIGM SHIFTⅡ」が始動。
着実に改革を継続し、
成長路線へシフトチェンジを図ります。

会社概要へ
  • 印刷
  • 出版
  • 人材
  • IT
  • 葬祭

コミュニケーションの進化の先へ

人や企業の願いにこたえ、豊かな社会の創造に貢献するコミュニケーション。
これからも廣済堂は、長年の技術・ノウハウに新しい発想や価値観・技術をプラスして、
新しい時代に響く、新しいコミュニケーションのカタチを提案していきます。